飲食業界の転職ならフーズラボ・エージェント お役立ちコラム お役立ち情報 【緊急特別企画】コロナ禍で地方に転職して働くのは、実際どうなのか?
2021.01.07 2021.01.15

【緊急特別企画】コロナ禍で地方に転職して働くのは、実際どうなのか?

2021年1月7日。
新型コロナウィルス感染症の対策として政府から緊急事態宣言が再発令されました。

政府からは感染リスクに対して「飲食」が関わっているということで、翌日の1月8日(金)から東京都、12日(月)からは一都三県エリア(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)で全ての飲食店は20時に閉店、酒類を取り扱う飲食店でのお酒の提供は19時までにしてくださいという、営業時間短縮の要請がありました。

1月4日に厚生労働省が発表したものによると、2020年には累計7万9000人ほどの方々がコロナ解雇にあったそうです。
さらにその内訳として飲食業の方々は1万人を超え、全体の約13%を占める結果でした。

また、コロナウィルスの影響により日本全国の企業・お店は甚大な被害を受け、やむなく倒産や廃業となってしまったところも少なくありません。
この影響を受けて倒産・廃業してしまった中でも飲食業・飲食店が一番多いといわれており、今でも32%の飲食店が閉店・廃業を検討しているそうです。

実際に今回の緊急事態宣言では1ヶ月で最大180万円の助成金を出すとは発表していますが、営業時間の短縮を余儀なくされてしまった飲食店はさらに売り上げが下がってしまい、閉店するお店や倒産する企業もまた増えてきてしまうのではないかと専門家から意見が挙がっています。

倒産や閉店が続くとなると、職を失ってしまう方が増えるということなので、今後のことを考えて転職活動をしようか考えていると求職者さまからのご相談も増えてきました。

もちろん、このコロナ禍でもデリバリーやテイクアウトという新たなことにチャレンジをして売り上げを伸ばして、厳しい状況でも柔軟に対応する強い飲食店や企業も多いので、特段全ての飲食店が危機に陥っているわけではありません。

そして最近、飲食店で転職活動をしている求職者さまから注目を集めているのが、「地方求人」です。
コロナウィルスの感染リスクとなる「密」の状況を避けられる点もそうですし、さまざまな要因はありますが地方の企業もコロナ禍で売り上げを伸ばしており、事業拡大のために人材を募集しているので、応募する側・募集する側双方にとって都合が良いのです。

そこで今回は緊急特別企画としてコロナ禍でも強い地方求人特集と、地方求人について詳しいお話をしていきます。

今後のおけるコロナ禍の転職活動においてご参考にしていただけますと幸いです。

※最新更新 2021年1月15日(金)


【コロナ禍でも強い地方求人】転居費用負担*家賃半額負担*大型連休あり
某リゾート地で宿泊施設を運営している企業からの募集です。転居費用は全額負担、家賃も半額負担となっているので、コロナ禍を考えて地方で働くことを検討している方におすすめです!
>>求人詳細はこちら!

【コロナ禍でも強い地方求人】サービススタッフ/ホテル内レストラン(群馬県)/転居費用負担*社員寮あり*飲食未経験可能
飲食のお仕事が未経験でも、他の業態で接客の経験があれば大丈夫です。社員寮は月額7,000円なので、手元に残るお金は都心で住むよりかなり多いと思います!
>>求人詳細はこちら!

【埼玉県】キッチンスタッフ/オーガニック洋食(所沢市)/週休2日休み*転居補助あり*残業代別途支給
地方創生でゴミの山だった場所を施設化している企業からの募集です。
8時間労働で、週休2日休みで労働環境が良く、転居補助もあるので地方で働くことを検討している方におすすめです!
>>求人詳細はこちら!

【コロナ禍でも強い地方求人】キッチンスタッフ/商業施設内和食店(栃木)/社宅・社員寮あり*転居補助あり*月8日休み
、宇都宮市内の業務用倉庫をリノベーションした商業施設を経営する企業からの募集です。転居補助もあり、月額15,000円の独身寮から、家賃補助付きの社宅もあります。
>>求人詳細はこちら!

【コロナ禍でも強い地方求人】キッチンスタッフ/リゾートホテル内フレンチ(滋賀県)/初期費用20万円負担!*家賃補助あり*退職金制度あり
ミシュランガイド掲載を目標に戦力強化のため、フレンチ業態のキッチンスタッフの募集となります。労働環境も2シフト制の実働9時間労働で、残業があった場合は全額支給となります。
>>求人詳細はこちら!


【長野県】日本料理調理スタッフ/リゾートホテル内レストラン/寮完備*長期休暇あり*食費補助
人材強化目的での日本料理調理スタッフの募集です。歴史あるホテルの味を受け継いでほしいので、しっかり料理長が責任を持って育てていきます。
>>求人詳細はこちら!

【静岡県伊豆市内/旅館内の和食業態の調理スタッフ】上場企業*寮完備*退職金制度あり
料理は全て手作りで、魚介類から肉まで幅広い食材を使って、純和食から創作料理まで作っていきます。寮も完備しているので地方から来られる方も安心して働くことができます。
>>求人詳細はこちら!

地方求人の特徴

まず皆さんは"地方求人"と聞くと、どんな印象をもちますか??
もちろん、地方求人とは名前の通り、都心部で勤務をする求人とは違います。

場所だけで考えると「都会から離れたところで働く求人」といえば綺麗に聞こえますが、多くの人は第一印象として「田舎の求人」と思うのではないでしょうか。

地方求人の特徴_71141938_M.jpg
しかし地方求人は本州でいえば軽井沢や熱海、離島でいえば沖縄などの多くの人が観光に訪れるリゾート地の求人が多いのです。
そのため、田舎の求人と思われている方はここでかなり印象が変わってくるかもしれませんね!


なぜ今、地方求人に応募する求職者さまが増えているのか?

それではなぜ、地方求人に応募する求職者さまが増えているのでしょうか?
ここでお話しする上で重要なキーワードは『Uターン』と『Iターン』です。

まず初めに『Uターン』についてお話しします。
Uターンとはイメージ通りかもしれませんが、都心部で働いていた方が元々住んでいた地方(地元)に戻って働くことを意味します。

これにあてはまる求職者さまには、結婚・子供が産まれたタイミング、実家に戻り親の面倒を見ないといけない状況になった、今まで学んだ技術・経験を使って地元でお店を出したい!という方がいらっしゃいますね。

続いて、Iターンです。
Uターンとは違って、あまり聞き慣れない方が多いのではないでしょうか?

Iターンとは、出身地とは別のところへ行くことを指し、元々都心部で生まれ育ち、都心部で働いていた方が地方で働くことを意味します。

都心部で生まれて、都心部で働いていたのに地方で働きたい…。
そんな人、本当にいるの…!?なんて思う方もいるかもしれません。
しかし実は最近、そういう転職相談を受けることは少なくありません。

その理由としては前述でもお話ししましたが、今もなお猛威を奮っている新型コロナウィルス感染症が大きく関わってきます。

人口が多い都心部は満員電車が当たり前ですし、若者が多い渋谷・新宿、サラリーマンが多い新橋、買い物客が多い横浜等の地域は人が密集し人口密度が高いため、必然と感染リスクも高くなります。
従って実際に感染者の数は地方と比べても圧倒的に多いのが現状です。

さらに、飲食店側は自粛・時短を要請されて営業ができないので売上が取れず、お店を閉める、最終的に職を失う方も出てきて、都市部の飲食店は甚大なダメージを受けました。

こうした理由から都心部から離れて、地方に引っ越して転職…という求職者さまも増えてきているのです。


I_Uターン違い.jpg

なぜ今、地方求人の募集をしている企業が増えているのか?

コロナウィルス感染症の影響で応募する人が増えたのはわかったけど、募集をしている企業が増えているのはなぜなのかと疑問に思う方も多いでしょう。

それではここで、地方求人が増えている理由を2点に分けてお話ししていきます。


①Go Toキャンペーンの影響

ロゴあり_48790264_M.jpg

前述の通り、コロナウィルス感染症の影響で都心部の飲食店が打撃を受けて、どんどん閉店・廃業してまっている現状です。

とはいうものの地方だって感染リスクがないわけじゃないし、地方の飲食店は大丈夫なのか?と思う方もいらっしゃいますよね。

しかし、このコロナ禍で地方求人の救世主となったのが「Go Toキャンペーン」です。
※「Go Toキャンペーン」は「Go To トラベル」、「Go To Eat」、「Go To イベント」、「Go To 商店街」を含みます。
ここで注目すべきGo Toキャンペーンは「Go To トラベル」です。

「Go To トラベル」とは、新型コロナウィルス感染拡大の影響で旅行・観光の需要が落ち込んでしまっているので、その需要回復のために旅行代金を国が最大半額補助(宿泊代割引、クーポン付与)するので、みんな旅行してください!という観光産業を盛り上げるキャンペーンです。

当初は、これでお客様が来るのか?と政府の政策に疑心暗鬼だった企業側でしたが、このGo To トラベルは大反響となり、今では経済を回す重要な政策となりました。
その結果、どの宿泊先も1、2ヶ月先まで予約がいっぱいになる事態となったのです。

これにより、リゾート地での地方はコロナ禍の影響で不況が続くことはなく、むしろおかげさまで忙しすぎて「人手が足りない!」ということで求人募集をする…という企業が増えました。

②地方創生を推進している企業が増えてきた

地方創生_65819254_M.jpg
地方創生とは東京に人口が集中しないように、地方の人口が減らないように、日本全体のパワーバランスを上げることを目的とした政策です。
簡単にいうと、東京だけじゃなくて他の地方も活気づけて盛り上げていきましょう!ということです。

そこで社会貢献でもありますが、地域の食材や文化を取り入れることによってビジネスチャンスがたくさんあるということで地方創生を推進している企業もどんどん増えてきたようです。

地方創生が盛んになれば人材が欲しいということで、地方求人の数が増えてきたのは必然といえますね。


地方で働くメリット・デメリット

応募が増えている理由、募集が増えている理由もわかって徐々に地方求人の理解も深まったと思います。

しかしながら、地方で生活して働くことを想像するとコンビニが無さそうだし、買い物も不便そうだな…交通の面で困るんじゃないかな…などなど、こういった不安が真っ先に思い浮かんで、実際に地方で働くメリットってなんだろう?と思う方も多いはずです。

それではここで、地方で働くメリット・デメリットを踏まえてお話しまして、地方求人の魅力について考えていきましょう。


【メリット】

①家賃が安い!なのに、部屋が広い!
これに関しては最大の魅力だという方も多いかもしれないですね。
都市部に比べて地方での家賃は圧倒的に安く、広々としています。

例を出すと、
東京都23区での家賃8万円台の物件といえば1階1K、ユニットバスというようなところが多いでしょう。

しかし地方での家賃8万円台となれば、最上階2LDK、バストイレ別(追い焚き機能付き)、コンロ3口、駐車場1台分無料…、もしくは念願の1戸建てなど豪華な物件に住むこともできるのです。

また、地方で今の広さぐらいのところを探すとなれば家賃は5万円台、下手したら4万円台になるところもあるかもしれません。


②地元の食材を使った料理を作れる
これに関しても、魅力にあげている方は多かったですね。

海が近い地域だと新鮮な魚介類、畑や山が近い地域だと採れたての野菜や山菜など、その地域ならではの魅力的な食材を使った料理や地方の伝統料理などがあげられます。
そういった料理を学ぶことにおいても、都心部で調理を学ぶこととは違った楽しみ方がありますよね!

しかしながら、地方だと最先端の料理ができないし流行を追えない…と不安になって応募を躊躇される方もいらっしゃいます。
とはいうものの、今はSNS・youtube・ネットが普及している時代なので、どんな料理が流行っているか、どんな風に作るのかなどすぐにわかるので、特別心配する必要はないとも言えるでしょう。


③空気が綺麗
まず訪れると真っ先に感じることだと思います。
都会と違って気にすることなく深呼吸ができて、そして気持ちがいいです。

こんなことがメリットなの?と思う方もいるかと思いますが、医学的にも深呼吸は非常に大切なものといわれており、自然が多いと空気も綺麗になり、リラックス効果もあるので、都会で働くより体調が良いとおっしゃる方も多いです。

また、最近では喧騒な都会よりこうした落ち着いた環境の中で子育てがしたいという目的で移住するひとも多くなってきています。
そして、空気が綺麗ということもあって子供の喘息が治ったというケースもよく耳にします。


④人混みのストレスがない

地方で働くメリット_54982680_M.jpg

都市部で働く上で避けては通れない満員電車や通勤・帰宅ラッシュ…。
毎日ストレス感じてしまいますよね。
なんで働く前にイライラしなきゃいけないんだと!

しかし地方ではこういったことは基本的にほぼないと言っても過言ではないです!
基本的に電車は空いているというのもそうですが、地方は「車社会」という点が大きいですね。

車で移動するので乗り換えのストレスも一切なく、遅延や電車が止まっている…という心配もありません。
また、車は一種のプライベート空間なので気持ちが落ち着けるという利点もあります。


【デメリット】

①車が必須の環境
メリットでもお話はしましたが基本的に地方は車社会で、地下鉄や電車などの交通機関はそこまで整っていません。

そのため、どこへ行くにしても車はほぼ必須なのです。
最低でも原付バイクがあれば問題ないケースもありますが、地方求人の募集要項には運転免許必須と書いているものも少なくありません。

また、免許が必要ということは必然と車の購入も必須となってきますね。
車の価格相場としては新車だと軽自動車でも150万〜200万円と高くなってしまいますが、中古車に関しては安いものであれば10万円台のものもありますので、ハードルがすごく高い買い物にはならないかと思います。


②すぐに実家に戻れない

地方で働くデメリット_54150832_M.jpg

こちらはIターンをされる方に当てはまるかもしれません。

地元から近ければ問題ないかもしれませんが、地方求人は基本的に都心部から離れているものがほとんどなので実家に帰りたいな~と、ふと思ってもすぐに帰れる距離ではないことを頭に入れておいた方がいいかもしれないです。


地方求人を見るポイント

メリット・デメリットがわかったら次は数ある地方求人の中から応募する際にまずはどこを見たらいいか?について考えてみましょう。

もちろん地方の労働環境や給与条件をみるのはもちろんですが、福利厚生をしっかり確認することによって、地方へ行くにあたってのネックな部分を解消してくれるかもしれません。


①転居補助

地方で働くにあたり、最初の壁といっても過言ではない転居費用!
面談にお越しいただく求職者さまの中には「行きたいけど、お金がない」という理由で、地方で働くことを断念してしまうことも多々あります。

しかし、求人によってはそういったケースを解消すべく企業が転居補助をしてくれる福利厚生もあります!
最初から負担は少ない方がいいので、募集要項の福利厚生の項目を見るときは要チェックですね!


②社宅・寮あり

そうか、転居補助があればお金なくても大丈夫だ!
転居補助、転居補助…えっ、この求人、転居補助ないじゃん!?

…という方でも安心の福利厚生が、社宅・寮制度です。

特に企業が用意している寮などはエアコン、洗濯機など生活に必要なものは一通り揃っているので、1人暮らしの方はスーツケースのみで引っ越しできる!のでイコール初期費用を抑えることにつながります。


③家賃補助

住宅補償_28796085_M.jpg

あるとすごく嬉しいのが、この家賃補助。
もともと家賃が安いのがさらに安くなります。

また、「地方求人は給与が安い」と思っている方もいるかもしれませんが、家賃も安くなると実際に最終的に残るお金を考えれば地方で働く方が、使えるお金も増えますし、貯金もできそうですね。


④どんな料理を作っているか

調理師の方でしたら、ここは見た方が良いポイントでしょう。
基本的には求人の記事を見ればどんな料理を作っているかわかりますし、場所が分かれば自身でネットを使って調べてみるのもいいでしょう。


⑤車は必須か

基本的には募集要項に書いてあるので、車を持っていない方や免許を持っていない方は必ず確認した方がいいでしょう。
これに付随して、バイク通勤も可能かどうかも確認してもいいかもしれませんね。


⑥勤務先周辺の環境

勤務先周辺の環境_65986957_M.jpg

実際東京に住んでいてなかなか地方に視察に行くことができない方はしておいたほうがいいかもしれません。

方法としては、GoogleMapで住所検索してストリートビューをみると、働く場所や周辺の環境などが確認できます。


まとめ

いかがでしたか?
もちろんメリット・デメリットがあるといえますが、都心部の飲食店の求人だけでなく、地方求人にも素晴らしい魅力があります。

そういった地方求人情報をフーズラボ・エージェントでは多数揃えております。
もっともっと求人情報が知りたい、自分に合う求人を紹介して欲しいというご要望があればまずはぜひご相談ください!

フーズラボ・エージェントのサービスは、国の許認可をいただいていますので、転職・就職のご相談に関しても、面接から入社までに至るサポートに関しても、完全無料ですのでご安心ください!

時間がない方でも、現在WEB面談も実施しております。
あなたにあった就活方法や、求人をご紹介・ご相談にのりますのでまずはお気軽にご連絡ください。

コラム_TOP誘致バナー02 (1).jpg

>>ご相談はこちらからどうぞ!

就活・転職相談お問い合わせ先
0120-313-704
地方求人を見た方は地方求人の記事をみた!とお伝えください。

関連記事

人気記事

【随時更新】飲食店の急募求人まとめ...

お役立ち情報

【緊急特別企画】コロナ禍で地方に転職して...

お役立ち情報

大阪府×クオレガ-OSAKA求職者支援コ...

お役立ち情報

コレで完璧!書類選考・面接で失敗しない履...

転職マニュアル

【緊急特集】新型コロナウイルスによる今後...

お役立ち情報

求人をさがす

こだわり検索はこちらこだわり検索はこちら

フーズラボ・エージェントについて

すぐの転職じゃなくても大丈夫です。

相談だけでも、フーズラボ・エージェントは
あなたの今と5年先の明るいキャリアを考えて、
転職活動をサポートさせていただきます。